コンシェルジュ日記

何れ菖蒲か杜若【第2話】

フォーリングス・クラブにほぼ同時期に30歳を過ぎたばかりの眼を見張る程美しい方が4名ご入会下さいました。容姿が美しいばかりでなく、しなやかで優しい心遣いの出来る素敵な方々で、「今までも、これからもずっとお幸せにお過ごしになるのでしょう。」と印象を受けました。
今回はそんな方々のお話の第2話です。


華やかで可愛らしくゆったりとお話になる、商社にご勤務の女性の方のお話です。

「他のクラブでしばらく活動してみたけれど、中々自分が思う方に出会えない。」とのお話でした。
「どうして?」と不思議に思うほどお洒落で素直、お仕事も頑張る女性にお話を伺うと、長年交際なさっている方がいらっしゃるのだけれど結婚へと進まないのでお越し下さったとのこと。華やかで優しい笑顔の中に寂しさを感じる方でした。
ご入会後は数名の方とお見合いをしていただきましたが進展がありません。
どうしてもその方と比較してしまうようなのです。

厳しいことを承知で意を決したコンシェルジュは「その方と結論を出さなければ誰と会っても同じです。」とお話いたしました。
(「もしかしたらその女性は怒って退会をなさるかもしれない。」という覚悟でした。)

数日後、女性から「その男性との別れ」のご報告をいただきました。
後悔や不安・・・・きっと悲しく眠れない日々だったことでしょう。
素直で優しい女性はご自分の力で悲しみを乗り越えて下さいました。

数件のお見合いの後・・・・しばらくして女性は運命の方と出会いました。
ホテルのロビーでのお待ち合わせの時、最初は「気持ち悪い人がいるなあ」と思ったそうです。お話してみると明るく、優しく、尊敬できる・・・と。
男性の方は外資系で国際的にご活躍なさる優秀なビジネスマンです。
男性からの強いご希望でご婚約の運びとなったようです。
女性は今「優しい彼が大好き!」と幸せいっぱいの笑顔で仰います。

フォーリングス・クラブで初めてお会いした時
あんなにも不安そうで、遠慮がちで、寂しげだった女性は
ご成婚のご挨拶の時
自信と幸福に溢れた笑顔で「ありがとうございました。」と仰いました。

ハネムーンを計画中とのこと・・・・・・。
ご入会後一年もかかりませんでした。
あの時迷いながらも「厳しいこと」を言って良かった・・・と改めて思うコンシェルジュでした。

・・・・end

何れ菖蒲か杜若 【第1話】 【第2話】 【第3話】 【第4話】  

バックナンバー

お問い合わせ