コンシェルジュ日記

V子さん【第3話】

お二人目のお見合いのお相手は会社役員の42歳の方でした。お見合い後はV子さんから「ご年収が3000万円では食べていけませんから」とお断りのお返事をいただいてしまいました。
「何を召し上がるのでしょうか?」と思わず言いかけてしまいましたが「3000万円では経済力のある方とは言えないのだ」と自分に言い聞かせるコンシェルジュでした。

V子さんの美しさは他社の方々にも漏れ伝わったようで
その後も、若く美しいV子さんには歯科医の方、医師の方、弁護士の方、資産家の方など多くの方から「お見合いのご希望」をいただきました。

特に高収入の方をお選びになって10名くらいの方とお会いしたでしょうか。
全ての方々から「見とれる程美しいですが飾って置くわけには行かないですから」と言う内容のお返事をいただいてしまいました。

V子さんにサロンにお越しいただいて
「趣味を持ちましょう。」
「新聞を読みましょう、雑誌でも良いですから。テレビを見ましょう。」
「お友達とお会いしてお話しましょう。」と何度申し上げたでしょう。

空しい時間が流れておりました。

万策尽き果てて
「今のままのV子さんを受け入れてくださる方を」とコンシェルジュが考え出した頃・・・。

・・・・to be continued

お問い合わせ