コンシェルジュ日記

幸運な方々【第3話】

40歳の大富豪の男性です。
恵まれた環境の中で大切に大切に育てていただいた方なのでしょう。
お洒落や身だしなみ、女性との会話などとは程遠い生活をなさっていらした方なのでしょう。

抜きん出た経済力から多くの女性からお見合いのご希望をいただきました。
スタイリストさんにお願いして素敵なスーツや靴も準備いたしました。
スマートなエスコートの仕方や会話の練習もして準備は整いました。

数十名の女性とのお見合いをしていただきましたが交際に繋がることはありませんでした。
お会いしてもお会いしてもお会いしても・・・・断られてしまうのです。
あまりにもお気の毒過ぎて「結婚は難しいかもしれない」とコンシェルジュが思い出した頃のことです。

29歳の女性からお見合いのご希望をいただきました。
「きっとまたお断りされてしまうだろう」と誰もがあきらめの気持ちでお見合いの日を迎えました。
何と、翌日女性から「交際希望」のお返事をいただいたのです。
その女性は今までお会いしたどの方よりも若くて素直、誠実で優しい方でした。

トントンとお話が進みましたがコンシェルジュ達は心配が尽きません。
お話は出来ているのかしら、デートは何処にいらしているのかしら、服装は・・・・
それでも無事に結婚式の日を迎えました。
"バンザイ"と何度叫んでも足りないくらい晴れやかな気持でした。

男性は生まれながらにしてお幸せを約束されているのかもしれません。
純粋で優し過ぎる男性がご家族と共に人生を歩むお手伝いをさせていただいたことを光栄に思っております。

お二人のお幸せを心から願っているコンシェルジュです。

・・・・end

お問い合わせ