コンシェルジュ日記

ご結婚を決めた方と決められなかった方【第2話】

33歳の大手企業で秘書をなさっている方で丁寧な言葉遣いと物腰で我々コンシェルジュにも心遣いを忘れない方でした。
女性のお話の中で「今まで多くの優秀な男性から望まれた。」ことを知らされました。
もちろんこの方のご希望は「超エグゼクティヴな男性」です。

ご入会後その女性は10名ほどのお医者様や実業家の方々をお選びになりましたが誰一人としてお見合いをお受けくださらないのです。
女性からの「お写真が良くない」とのお話でお写真も変えてみたのですが状況は変わりません。パーティーにご参加いただいても女性が望むような男性からはご希望いただけません。お一人だけ医師の方とお会いしていただきましたが「お断り」のお返事・・・・。

「今までは多くの男性から望まれていたのに入会後は望まれなくなった。」と仰る女性に返す言葉もないまま重苦しい時間が過ぎました。

コンシェルジュはお申し込みをいただいている5名ほどの男性のプロフィールを女性にご覧いただきました。
男性の方々はご立派なご経歴の優秀な方ばかりでしたが女性は「私ほどの女がこの程度では!」と仰って憮然とお帰りになってしまいました。

数日後女性から「大きな病院を経営する年収数億円のとても長身、ハンサムな医師からプロポーズされたので退会します。」とのご連絡をいただきました。

これ以上お引止めする言葉も見つからないままお別れしてしまったことは今でも心残りです。お考えが変わったらいつでもお戻りいただきたいと思っております。

・ 憧れの男性と結婚できるまで時間がかかっても良い、出会えなければ一生独身でも構わないと思う方。
・ 「愛してくれる人」「愛せると思える人」「心を通わせられる人」と愛情を育てて暖かい家庭を築いて行きたいと思う人。

どちらが良いのかは誰もわかりませんが誰もが幸せを願っていることは確かです。

お問い合わせ