コンシェルジュ日記

R子さん【第2話】

R子さんがお選びになった5名の男性からはやはり「お見合いのご承諾」はいただけませんでした。
お返事をお伝えするとR子さんは前回同様、弁護士の方、医師の方を5名お選びになりました。
「もう少し条件を広げてお選び下さい。」とのコンシェルジュの言葉に耳を傾けることもなくお見合いにすらならない日が2ヶ月ほど続きました。

ご自身の条件に比べてあまりにも厳しい条件をご希望にならない限りどんな方もお見合いにならないということはありません。
コンシェルジュは「R子さんとお話し合いをしなければ」とコンタクトを取るのですが「希望した男性とお見合いにならない」とお怒りでお話しすることすら出来ません。

やっとのことでサロンにお越しいただいたR子さんとのお話し合いが始まりました。
「ご自身に相応しいお相手を、心の通い合う方を」とのコンシェルジュの言葉に
「私に相応しい方は経歴も条件も容姿も良い方」と仰るR子さん。

それでも3時間ほどのお話の間に幼かった頃お母様が亡くなった寂しさや新しいお母様に対する心の葛藤や訳もない反抗など、涙をためてお話くださるようになりました。

ほんの少しずつですが心を開いて下さるようになったR子さんはコンシェルジュがお薦めする男性3名の方とのお見合いをご承諾下さり
ご入会後3ヶ月でやっとお見合いの日を迎えることが出来ました。

・・・・to be continued

お問い合わせ