コンシェルジュ日記

Q男さん【第3話】

しばらくQ男さんの低迷期が続いておりました。
「ごめんなさいね。」と言うコンシェルジュに
「とんでもない、自分のせいですよ。」と笑ってくださいます。
いつも紳士的で優しいQ男さんがある日のパーティーで運命の女性に出会いました。
32歳のフリーアナウンサーの方で、美しくエレガントな雰囲気、しなやかな言葉遣いと身のこなしなど女性から見ても憧れてしまう程素敵な方でした。
Q男さんのご希望をお伝えすると
「離婚暦はともかくお子様がいらっしゃるのでは・・・。」
「両親も反対すると思います。」と言うお返事をいただいてしまいました。

それでもQ男さんはあきらめませんでした。
「一度お断りいただいてしまったのでこれ以上は無理だと思います。」というコンシェルジュの言葉にも「ご迷惑はかけませんから。しばらく他のお見合いは入れないで下さい。頑張ってみますので・・・。」と仰います。

「休会なさいますか?」と申し上げても「自分は休会という意識はありませんから。」との言葉にどうすることも出来ず時間だけが過ぎておりました。

そんな時に限って素敵な方からのお見合いのお申し込みをいただくものです。
恨めしい気持ちでいるコンシェルジュに嬉しいご連絡が入ったのは3ヶ月ほど経った頃でした。

・・・・to be continued

お問い合わせ