コンシェルジュ日記

ご自分で幸せを逃してしまった方々【第3話】

38歳の会社経営の方の場合

26歳、良家のお嬢様、海外生活を経験されたとても聡明、爽やかで気さくな女性との交際が続いておりました。
頭の回転の速い、明るく素直な女性の性格にも惹かれて、男性は一生懸命でした。

2ヶ月ほど交際が続いた頃、女性のお母様が男性をお食事にご招待なさいました。
和気あいあいとした時間をお過ごしだったようで男性は嬉しそうにお話くださいました。

「次回は貴方がご両親とご一緒にお食事にご招待なさると良いですよ。」というコンシェルジュの言葉に「そうですね。」と仰ってお帰りになったのですが・・・・。

しばらくして女性のお母様がお見えになりました。
「とても素敵な方です。でもいつになっても二人でお食事に行くだけで何もお話が進みません。
一事が万事です。そんな男性はお仕事もしかりでしょう。大切な娘を託す訳には行きません。他の方をご紹介下さい。」と仰るのです。

男性の落胆振りはお気の毒なほどでしたがもうどうにもなりませんでした。


♪一般的にご結婚のお話は男性がリードして進めるようです。勿論殆んどの皆様がお始めてのご経験ですので分からないことばかりでしょう。
それでも誠実に一生懸命さをお伝えすることは出来る筈です。
大切な方とお二人で充分お話し合いをなさって乗り越えていただけますよう・・・。

・・・・to be continued

お問い合わせ